2017年11月15日水曜日

componentWillMount()みたいなオリジナルイベントをcomponentに持たせるにはHOC使うと便利的なお話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ReactとかReact Nativeで開発をしているときに、同じメソッドを書いて云々とかあるわけで。
そんなときにはHOC(Higher Order Components)を使うと大体解決するわけで。
簡単な例としてはどのページにもローディングを導入したいみたいな。
もちろんcomponentWillMountとcomponentDidMountでつらつら書けばいいけど、
それを全componentに適用するとなると骨が折れるんだけど、HOC使えば一発的な。
アニメーションの中身を変えたいときも楽ちん的な。

さらにそれだけではなく、500msたったら各component内のとあることをしていきたいとかあるかもしれない。
けどHOCで処理をやっているので、各component毎に調整するのは面倒だったりするわけで。
そういうときに各component内にwillMountみたいなイベントハンドラが作れると、
HOCで定めたタイミングで各component内で任意のタイミングでとあることができるようになるわけで。

ってなわけで前置きが長くなったけど、今日はHOCを使うかつwillMountみたいなものを作るには的なお話をば。

2017年11月8日水曜日

react nativeでKeyboard.dismissを常に行うために、ScrollViewを使う的なお話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Keyboardの管理って地味に面倒なやつで。
画面領域をタップしたら見えないようにしたいとかそういう感じではあるんだけど、
普通はKeyboard.dismiss()を叩かないといけないわけで。
となるとそもそものWrapperとしてTouchabelWithoutFeedbackを使ってごにょごにょしようとすると、
そっちのタッチイベントが優先されてScrollViewとかFlatListがスクロールできなくなるっていう。

ってなわけで今日はそんなことをせずに画面をタップしてKeyboardを消すには的なお話をば。

2017年9月29日金曜日

expoでdetachしてXcodeとかAndroid Studioとかでビルドしてみたりするには的なお話。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一般的にreact nativeで開発をしていると、
iosとかandroidとかっていうフォルダがあってそれぞれの中にネイティブのコードがあったりするんだけど。
expoは煩わしいことを無くしてくれる優秀なやつだから、そういったものも全て吸収してなかったりする。
けど既存のアプリをreact nativeで書き直すとかの場合だと、各moduleをいかしつつブリッジしつつで開発をしたい場合もあって通常のreact nativeに戻したいときもある。

というわけで今日はdetachしてXcodeだったりAndroid Studioでビルドするまで的なお話をば。

2017年9月28日木曜日

expoでLocalization native development regionをJapanにしてDatePickerIOSを日本語にするために、app.jsonにinfoPlistを設定する的なお話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

react nativeでDatePickerIOSを使うとかのときに英語表記のままになってしまっていたりする。
ある意味仕様というかなんというかなんだけど、日本語のアプリしか出す予定ない場合だとこれって困るわけで。
なので今日はDatePickerIOSを日本語表記にするための設定的なお話をば。

expoでnpm関連をアップデートしたときにModule JSTimersExecution is not a registered callable moduleと出てきたときの対処的なお話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Module JSTimersExecution is not a registered callable moduleというエラーが出てきてしまったとき。
expoを使っていてこれが出るときは大体npm updateをしたときだったりとかする。
なので今日はそれの原因的なお話をば。

2017年9月26日火曜日

react nativeの環境をexpoを利用して作成し、エミュレータで走らせつつ、ビルドして実機に入れるには的なお話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近流行ってるだかよくわからないReact Native。
むしろ手を出しているところが少ないという印象というかなんというか。
けどiOSとAndroid両方作れるし、Javascript Bundleだしで意外と高速だし便利だし。

とりあえず環境を作るのが面倒とか色々とあるんだけど、
実はexpoでやってしまえば意外と簡単だよっていう感じではあったりする。

ってなわけで今日はexpoの導入からビルドおよびiOSのデプロイまで的なお話をば。

2017年9月5日火曜日

react nativeでcomponentのimportを相対パスじゃなくて絶対パスで記述したい的なお話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Web用のreactで書いた内容はこちら
とりあえずこれと同じような感じで、基本的に階層が深くなるほど相対パスを記述するのが面倒なわけで。
特に階層の深さを変更をしたときとか。

ってなわけで今日はこれで簡単にかけますよ的なみたいなお話をば。

2017年8月28日月曜日

とあるサイトをスクレイピングして、スプレッドシートにデータを貯めたい的なお話google sheet api v4

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よくあるデータ抽出とかって手動だとかなり面倒だし時間かかるわけで。
何十件集めるだけで1時間かかるとかざらだし、
既存の入力した内容と照らし合わせると時間もさらにかかるわけで。

それをプログラムでちゃちゃっとできないかな?っていうわけで。
なので今日はgolangでスクレイピングしつつ、スプレッドシートにデータを貯めて諸々やる的なお話をば。

2017年7月27日木曜日

LambdaをAPI Gatewayを通してパブリックなAPIにしたのに、no-access-control-originが出るときにはここを見ましょう的なお話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Webサービスなりを作っていると、メール送信の実装とか面倒だなぁと思うことが多々ある。
それにフロントエンドでごにょごにょやりましょうということも最近は目立ってきてるし、
サーバレスアーキテクチャだとかなんだとかっていうこともあるので、
お問い合わせだとかそういう簡単なものはLambda使ってAPI Gatewayに逃してあげると簡単だったりする。

けどAPIとしてはちゃんと叩けるしお問い合わせがslackに届いてるはずなんだけどno-access-control-originが出てしまう。
なので今日はそれを解決するにはをば。

2017年7月26日水曜日

wordpressをElastic Beanstalkもしくはelbでスケーリングさせようとするときに、httpsでwp-adminにアクセスしようとするとリダイレクトループになってしまう的なお話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タイトル通りで、httpsでオートスケーリングするときに、wp-adminがリダイレクトループしてしまう。
ついでにいうとテンプレートディレクトリのURLもhttpsじゃなくてhttpになってしまう。
原因としてはオートスケーリングのためのロードバランサーの仕組みだったりするわけで。

なので今日はそれを解決するためのお話をば。

Adsense